2018年03月27日

声は心の窓

正しい呼吸のしかたを覚えたら… 思いだしたら、でしょうね…声の出し方しだいで、どれだけ心が落ち着くかが実感できてきます。

力強い声を出すためには、大きな声を出す必要もないし、威嚇するような声を出す必要もありません。ひとつかみの小石をなんとをく池に投げたとしましょう。水しぶきは四方八方に飛び散り、岸辺では人々がぬれたらたいへん、と跳びのきます。

ところが、小石たったひとつでも、十分に気をつけて池に落とせばどうでしょう。水面にはしぶきも音もたたず、ただ波紋が広がってゆくぼかり。完璧なシンメトリーをつくって内から外へと描かれていく波紋の優美さに、通りかかる人も足をとめて見とれることでしょう。

わたしたちの耳に入るすべての音は、水に落とされたたったひとつの小石のようなものなのです。音の波は、空気中のあらゆる方向に同心円状に伝わっていきます。音が大きいということは、音響の振動が速く、また不規則だということです。

これに対して、大きさを適度におさえると、音は安らかで落ち着いた気持ちをさそうような音の波をつくりながら、空気中に反響していくと考えられます。
目には見えない、でもリラクセーション効果のある音の波を、心の不安をぬぐいさるために積極的に利用してはどうでしょう。

「マントラ」というサンスクリット語は、「真言」すなわち「真実の言葉」を意味します。瞑想の最中には、マントラを精神集中の的として利用します。

真言の静かな響きの波紋を心のなかに生じさせて、不安定な外界の雑音を追いはらい、瞑想者を深いリラックスの状態でつつみこむのです。マントラはまた、個々の具体的な不安を解消するにも効果的です。

あなたの声から豊かな表現力をうばいさりかねない原因はなんでしょう。これまでの人生で、あなかの神経をかき乱した状況の…つひとつを、具体的に思いだしてください。

それはどんな状況でしたか? なにかひとつマントラを唱え、あなたの声をそのマントラの音の響きに同調させるようにしてみましょう。するとやわらかな音の波に洗い流されるように、ストレスの種は、いつとも気づかないうちに消え失せていきます。

現代人のストレス
posted by relux at 13:54 | Comment(0) | リラクゼーション
タグクラウド