2021年05月26日

フィットネス の落とし穴 自分を追い責めてしまうタイプ相手を追い詰めてしまうタイプは注意

今日では、運動はすっかり、健康と魅力の秘けつと認められるようになりました。ランチタイムにジムでひと汗流し、アフターファイヴのひとときを運動のスクールですごす人、週末にスポーツを楽しみ、家でもフィットネスのビデオを見ながら体を引きしめる人もふえてきました。

現代社会の一方には熱心な フィットネス 信奉者がいて、とてつもない時間とエネルギーを運動についやしています。また一方、運動に熱心になれない人にとっては「運動しない」という罪悪感がどんどんふくれあがり、すこしずつ自尊心が傷つけられていくというありさまです。

罪悪感がストレスを与えることを、わたしたちはもう知っているはずです。とすると、進むべき道は運動しかない、と考える人も出てくるでしょう。
sport-2245029_640.jpg

たしかにたいていの熱狂的 フィットネス 信奉者は、自分たちこそがリラックスの国の扉を開ける鍵をにぎっている、運動こそ緊張とストレスから解放してくれる信頼できる方法だ、と主張してゆずりません。

ある程度までは、それも真実です。運動すると血中のアドレナリン量が上昇し、その結果、心身がさえわたります。しかし、それはしばらくのあいだだけ。運動はじつは諸刃の剣、以下の生理的事実が運動のもつ危険な側面を示しています。

休むことなく激しい運動を続けると、筋肉が疲労し、酸素の供給が追いつかなくなってしまいます。すると、酸素の不足量を補うために筋肉中に有害な乳酸がつくられます。

身体に必要な酸素が根本的に不足しているために、結果として、わたしたちはリラックスせぎるを得ないのです、つまり身体がもうへトへトなんですから。こんなふうに疲れきってみても、なんの価値もないし、得にもなりません。

酸素量の不足をむりやりうめあわせようとして毒素の量をミふやすというのは、自然に反したやり方です。でも多くの人にとって、 フィットネス の危険な落とし穴は、 フィットネス できれいになれるという神話を破壊するどころか、むしろささえているのです。

ちょっと聞いたかぎりではいかにももっともな理屈が、まかりとおっています。「からだをせっせときたえてやれば、わたしはすてきになれる、すてきになれば、プライヴェートでも仕事でもきっともっとうまくいく、もっと成功すれば、それでハッピーになれる」。

たしかに、運動をすると気持ちよくなれます。運動は、精神のやどる寺院をきれいに手入れするひとつの方法ではあるのです。実際的な話でいえば、運動で体の柔軟性を保ち、肥満をふせぎ、つまりは心身の調子を一定に保つことは、医学的にも心理学的にもあきらかにいいことです。

とはいっても、フィットネスが与えてくれるおいしい果実を味わいたいからといって、なにも身体を限度いっぱいまで酷使する必要はないのです。かごのなかで車輪をまわすハツカネズミよろしく、決まりきった運動を毎日ただやみくもにこなすのはやめて、もうすこし過激でないレクリエーション、心身ともに、自由でのびのびと、リラックスした感覚にあずかれるような運動を考えてみたらどうでしょう。

たとえばウォーキングやスイミング、のんびりとしたサイクリングは、心と身体がバラバラにならず、一体化した感じが楽しめます。

わたしたちは、肉体のコンディションばかりに気をつかうのでなく、心も身体もあわせもつ存在としての「このわたしの幸福」、内面的な自己の健康にも、おなじぐらいよく気をつけてあげなければいけません。心の健康をおろそかにすれば、身休はかたくこわばり、血の気も失せ、ついにはひどく体調をくずしてしまうことになります。奥の祭壇がボロボロでは、容れものの寺院を修繕してみても、たいした意味はありません。


posted by relux at 18:35 | Comment(0) | リラクゼーション
2021年05月19日

ヨガ

ヨガ ( 瑜伽 )は サンスクリット語 で、もともとは馬などを「つなぐ」こと、そこから派生しで「統一」をも意味する語です。

古代インド思想の一学派である ヨガ は、その後、実践的な修行法としては、大きく4つの派に分かれて発展しました。

ハタヨガ は、さまぎまなポーズをとる訓練を通じて心身を統一し、肉体を、高い精神がやどるのにふさわしいものにすることをめざす修行法です。

カルマヨガ は、物質への執着を捨て去ることと善行とを一体化し、 バクティヨガ は、祈りの行為のなかで、祈りをささげられる至高の存在と ヨガ の行をおこなう者とを結びあわせます。

そして最高の ヨガ とされる ラージャヨガ  ( ラージャとは 王者の という意味です )は、心身のエネルギーを汚れないものにすることによって、 ヨガ の行をおこなう者と世界を創造した存在− むしろいっさいの存在の 源 というべきかもしれませんが− を一体化する ヨガ です。
yoga-3053488_640.jpg

どの ヨガ も、最終的にめぎすところはひとつ。 ヨガ の修行者を物質的世界への執着から解放し、あらゆる存在の本来の状態である、 三昧 ( サマーディ )という法悦の境地に復帰させることで丸感覚は、麻痺させなければいけません。
意識は マーヤー 、つまり、この幻影の世界を超越しなければいけません。こうした修行によって、自己実現がなしとげられると、自己は、魂とか精神とかといった名で呼ばれる非物質的な自己として意識されま丸この境地に達するには、いっさいの雑念をなくし、心が完全な静寂を得るまでにひたすら深く精神集中しなければなりません。

この 三昧 の境地に達して 根源 とふたたび一体化した修行者は、深い恍惚に満たされます。

ヨガ といえば 「 なになにのポーズ」 という連想が働く人も多いでしょうが、ポーズとか座り方を意味する 座法 は、 ハタヨガ でいちばん重んじられる修行法です。

さまぎまなポーズには、肉体の汚れをはらう目的があります。この修行を通して、肉体は、霊的な悟りの光を受けるにふさわしいものとして生まれ変わるのです。ヨーガと瞑想は、たがいに効果を強めあう修行です。しかし、ヨーガ修行の最終段階に入ると、修行者は、自分の意識の力で自分の意識のなかに他のなにかを思いうかべるといった瞑想の意識性を超えて、もう自分も他人もない、完全に霊的な境地へと没入していきます。

ラージャヨーガには、“行法八支”、つまり8 つの修行段階〔制戒、内制、座法、調息、制感、総持、禅定、三昧〕があります。最初の5 段階で、精神を受けとるにふさわしいものへと肉体をき‾たえます。仕上げとなる3段階は、完全な自己をつくりあげるための修行です。このエクササイズで、8 つの修行段階をひととおり体験することができます。心地よいと感じるようになるまで、何度でも実行してみてください。

ラージャヨガ には、 行法八支 つまり8 つの修行段階〔 制戒 内制 座法 調息 制感 総持 禅定 三昧 〕があります。最初の 5 段階で、精神を受けとるにふさわしいものへと肉体をき‾たえます。仕上げとなる3段階は、完全な自己をつくりあげるための修行です。このエクササイズで、 8 つの修行段階をひととおり体験することができます。心地よいと感じるようになるまで、何度でも実行してみてください。
  • 行いをつつしみ自分の気持ちをおだやかに保って、 1 日をすごしましょう。正直、誠実、自制を心がけましょう。これは八支のうちの制戒と内制にあたります。
  • 静かな部屋で、くつろいで座ります(座法にあたります)。べつに ヨガ の教科書どおりのポーズをとる必要はありません。できるだけじっとしていられる座り方であれば、それでかまいません。
  • 規則正しく深く呼吸します(調息)。息を吸うとおなかがふくれるように。ゆっくりと息を吐きます。やがて心と身体が落ち着いてきます。
  • 周囲のものごとから意識を引きはなします。全感覚をあなたの内面に向けてください(制感)。
  • 色どりあざやかな輪か、らせんを想像で描いてください。しばらくのあいだ、そのイメージに精神を集中します(総持)。
  • あなたのエネルギーがそのイメージのなカた流れこんでいると想像しましょう。その梵像を中心に瞑想します(禅定)。できるかきり長く瞑想を続けてください(三昧の境地は、トランス状態に似ています。修行者は、やガて自分がロ冥想していることさえ意識しなくなります。でも、精神的な存在としての自己ほ完全に意識しているのです)。

posted by relux at 17:38 | Comment(0) | リラクゼーション
2021年05月17日

睡眠 の 意味 と 効果

睡眠 には、おもに2つの働きがあります。第一に、肉体の活動を休止させて、肉体の活力をよみがえらせることです。第二にわたしたちに夢を見させ、無意識という神秘の領域を探索させることです。

睡眠 の 意味 と 効果

眠っているあいだ、わたしたちの意識は、4つのレベルの状態を行き来しつづけています。第一のレベルはもっとも浅い睡眠段階で、この段階は夢を見るのが特徴です。
第四のレベルはもっとも深い睡眠段階で、夢を見ず、外部からの刺激をほぼ完全に忘れ去っている段階です。典型的には、第一段階の睡眠は、おおよそ 90 分ごとに起こり、 1 回あたり 5 分から 20 分持続します。 1 回あたりの持続時間は、夜のあいだにすこしずつ長くなっていきます。

それにしても、夢のある睡眠あるいは非同期性睡眠と、夢のない睡眠あるいは同期性睡眠は、どちらがより安らげる眠りでしょうか?
この間いに対してずばり一言で答えることは、じつはできません0 なんといっても睡眠の科学的研究は、まだ生まれたばかりの子どもなのです。

ただはっきりしているのは、わたしたちひとりひとりが独自の 睡眠サイクル をもっており、睡眠時間も人によって大きく異なっているということです。

ですから自分の自然な睡眠パターンを見さだめて、このパターンを満たすのに必要な睡眠時間を可能なかぎり守れるかどうかが、充実した眠りを眠るための鍵といえま丸わたしたちの多くは、自分の睡眠サイクルをそのときどきのなりゆきで決めています。
長時間働いて 1 日じゅう忙しくしていたときは、床につくまえにまずは 「 落ち着きタイム 」 を楽しまなければというので、夜おそくまで起きているものですし、閉じかけたまぶたをむりやり開けてテレビの深夜映画を終わりまで観ることもありますね。

そのうえ、目覚まし時計で自然なリズムをめちゃくちゃにし… … 目覚ましのアラーム音は、わたしたちをまさにたたき起こしてくれます。

安らぎを与えてくれる眠りは、 リラクセーション の要です。睡眠がなければ、わたしたちは自分の体と心を自然のありようにさからって働かせることになりま丸その果てにあるのはただ、疲れきった自分、ムクムクふくれあがっていく不安ばかりです。

適切な睡眠量を確保するのほごおなかがすいたときに食べ、のどがかわいたときに飲むのに劣らずたいせつなことです。この エクササイズ は、あなたが自分の 睡眠サイクル を見つけるお手伝いをするものです。健康で充実した生活に向けてのプログラムとして、この エクササイズ をとりいれてください。
  1. .眠るための心の準備にかかります。たったいまから眠りに落ちる瞬間まで、なにひとつあなたの安らかな思いをかき乱せないという事実を,しっかり心でかみしめること。ぐんぐん眠りに入っていくイメージを瞑想して、あれこれの気苦労を頭から追いはらってしまいましょう。
  2. ほどよく疲れたら、ベッドに入ります。その時間をメモしておいてください。寝つくまでのひとときは、気持ちの落ち着くような音楽や本、瞑想がおすすめです。目覚ましはセットしないこと。自然に目が覚めるのにまかせましょう。はっきり目が覚めたら、その時間もメモします。何時間眠りましたか?
  3. ここまでの手順を毎晩くりかえして実行してください。そのうち、自分の睡眠と目覚めの一定のパターンがはっきりしてくるはずです。それが、あなたにとって自然で、いちばん休息できる睡眠サイクルです。
  4. とくにこれこれの時間に起きる必要ができたという場合には、疲れたと感じたときにすぐベッドに入れるように、じゃまになる恐れがあるものを、あらかじめなくしておくようにしましょう(たとえば、ある時間以降は電話をかけないよう友だちにたのんでおくとか)。起きるのも、なるべくショックの少ない方法で。パートナーにやさしく起こしてくれるようにたのんでおくのもいいですし、耳障りなアラーム音ではなくて、ソフトな音楽が鳴るような目覚まし時計に替えてみる手もあります。 ブライトアップ・クロック 光と音の照明目覚まし時計
posted by relux at 17:23 | Comment(0) | 睡眠
2021年05月07日

身体の緊張を読みとる 貧乏ゆすり、爪噛み、髪いじり

ふだんの立ち居ふるまい、ちょっとした身ぶりが、心の状態を雄弁に語ることがあります。もしもあなたがいまこの瞬間、すべての動きをとめた状態で彫像になってしまったとしたら、そこにどんな物語を読みとることができるでしよう?

身ごなしと表情の1つひとつが、あなたの個性と生活環境を語り、あらゆる姿勢はあなたの感情を反映するでしょう。

ボディ・ランゲージという表現は、身体がうそをつかないということを前提にしています。とはいえ、身体の生理的不快感を隠すことができないとまではいえないでしょう。
緊張によるサイン

たとえばわたしたちは、頭痛がしてもたいていの場合は、だれかが発言するたびに痛みに身悶えするなんていうこともなく、ミーティングの場をなんとか切りぬけることができるものです。

しかし、イライラやウンザリといった不快な感情を抱いている場合には、如才のなさや遠慮のおかげで口にこそ出さずにこらえても、緊張性のくせ(貧乏ゆすり、爪噛み、髪いじりなどです)によって、無意識のうちに不快感があらわになってしまいます。
緊張性のくせは、それぞれ異なった意味をもっていると考えられています。貧乏ゆすりが出るのは、貧乏ゆすりをすることで気をまぎらわし、退屈だから会議を退席するといった、あからさまな行動に出てしまうのをがまんしているわけです。

爪をかむくせは、破壊的な本能をまぎらわせるため。髪をいじくるのは、他人からの非難がこたえていて、慰めがほしいといったとき。

こういう場合、人間は負わなければならない責任が最小限だった時代、つまり赤ちゃんのときの行動様式に退行したがるものです。

もし、わたしたちポティ・ランゲージが自分の身体言語が伝えるメッセージをきちんと自覚していなければ、そもそも緊張性のくせをおさえようにも、そのとっかかりさえつかめませんし、そうなると緊張性のくせは、ついには、直そうにも直せない悪癖として身についてしまうことになります。

悪癖を断ち切る最初の一歩は、爪をかめないように手をしばることではありません。緊張やイライラをひきおこす状況を、自分ではっきり知っておくことです。自分で自分を観察できるようになるのです。

ああ、われは「おしゃぶり」に手をのばしかけてるぞ、と気づいたらすぐ、わたしを不安にする状況はたくさんあるけれど、いまはたぶんそのひとつのただなかに′、るんだな、と自覚しましょう。自分自身を知るための旅路に一歩を踏みだすりです

旅の道みちで、わたしたちは心身に緊張をひきおこす奥深い原因を、ひとつまたひとつと発見していくことになるでしょう。

緊張してしまうような相手やできごとに、やむをえず直面してしまった場合の事後的な対処方としては、その場に関わっている自分以外のだれか(緊張性のくせというものは、たいていは他人の言動がきっかけではじまります)の目から見たいまの自分の姿を想像してみるというテクニックがあります。

自分以外の人間の目に、あなたはどういうふうに映っているでしょう?当のあなたはみとめたくないかもしれませんが、でもあなたがまずはじめに「他人はこういうふうに見ているだろう」と思った推測は、たいていはあたっているものです。

緊張性のくせのほんとうの原因をつきとめることによって、わたしたちはこの問題に合理的に対処することができます。

まず原因をはっきりさせてはじめて、その原因を根こそぎにし、結果としてあらわれたくせをなくす作業にもとりかかることができるのです。

ただし、緊張性のクセがいまにも噴きだしかねない状況で、応急手当的な対処法が必要なら、筋肉をほぐすストレッチやマッサージ、ヨガといったテクニックが、とりあえず身体レベルでの安静をもたらすのに役立ちます。ともかくもまず身体をリラックスさせる。この下準備を万全にしたうえで、自分の内面を知るための旅に出かけましょう。

長続きする安らぎを手に入れられるかどうかは、わたしたちが、自分自身をどれだけ知ることができるかにかかっています
posted by relux at 17:55 | Comment(0) | リラクゼーション
2021年05月05日

身体のリラクゼーション

身体の緊張、心の緊張を解きほぐすのには運動がなにより、と信じる人はたくさんいます。たしかに、水泳とかサイクリング、エクササイズや球技などのトレーニングに夢中で取り組んだあとでは、心地よい疲労感を味わうものです。

全身のエネルギーというエネルギーを使いはたして椅子にへたりこみ、地面や床に体を投げだし、ただもうぐったりとなります。
そういう状態にだれはばかることなくひたりきれる至福の時です。でも、ほんとうに身体をリラックスさせるためには、なにがなんでも運動で体力を消耗しつくさなければいけないというものではありません。
woman-5380651_640.jpg

もっとシンプルなテクニックはいろいろあります。たとえば 瞑想 、 姿勢の矯正 、 軽いストレッチ運動 や マッサージ は、精神の緊張を反映して起こる、疲労感やこりや痛みなどの身体の症状をやわらげるのに役立ちます。

感覚、とくに臭覚と触覚も、うまく利用すれば身体のリラックスに効果があります。身体のストレスを緩和するこうしたテクニックの多くは、東洋のリラクセーション法に学んだ方法で、的確に用いれば、精神にとっての真の安らぎを得る助けにもなります。

また逆に、精神面でのかんたんな トレーニング をあわせて実行することで、これらの 身体的リラクセーション のテクニックの有効性を高めることもできるでしょう。
健全な生き方をしていれば、あらゆる面で身体と精神とが調和的に一体化しているものです。身体と精神とを切りはなして考えることは、どんな場合でもかならず、人生の充実感を損なうことになります。
posted by relux at 16:39 | Comment(0) | リラクゼーション
タグクラウド